読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きが溢れる。

じゃんぷくんと、乃木坂ちゃん。

改めて、JUMPing CARnival

買ったあの日から、馬鹿みたいに毎日JUMPing CARnival見てて、未だ興奮冷めやらぬ、ですが、少し落ち着いたので、少しお話を。


突然ですが、ひとりランキング!


①かっこいい部門 : 愛よ、僕を導いてゆけ

Beat Lineと凄く悩んだ…!
寧ろ、Beat Line→愛僕→BDS の流れが大好き。
かわいいモードも好きだけど、そこからのかっこいいJUMPくんの差が堪らなく好きだ。
そんな中でも、なんで愛僕が1番かといえば、やっぱりこの曲の伊野尾くんが1番好きだから。
演出も好きなんだけどね。
赤スカーフかっこいい……
ビトラの時点でちらちらはしてたけど(笑)、袖から咥えて赤スカーフは狡い。格好良過ぎる。
最初の山田くんのソロの前にいる伊野尾くんの、何て言うの、スカーフふわぁぁぁってするのがかっこいい。(全然表現出来てない……ごめんなさい)
有岡くんがソロで、スカーフを優しく包み込む所も大好き。これが、お色気たっぷりなオスモードの有岡くんの本領発揮なんですね、って感じでまんまと好きになってしまう。
からの、サビのダンスの揃い方…!
流石です。知念くんがくるくるくる~って早く、かつキレキレで回っちゃう所は、圧巻です。
それでね、やっぱり、最後の伊野尾くん→有岡くん→山田くんね。この3人、美しい。尊い。
伊野尾くんのあの凛々しい目が本当に好き。あああああ、こういう顔もするのねって、やっぱりかわいいよりかっこいいがぴったりです、って思い知らされる。かっこいいし、凛々しいのに、なんだか、少し切なげな、というか、少し影を感じさせる、そんな雰囲気で、大好き。有岡くんは、オスモードなんだけど、切なげな印象が強くて、守られたい兼守ってあげたくなる感じ(黙)。山田くんの色っぽさ全開も堪らない。やっぱり山田くんが最後だと締まるよね。空気感が変わる。流石、絶対エースです。


②かわいい部門 : Chau#

puppy booと悩んだ…!
でも、みんなの良さが出てるのはChau#かな、と。
始まり早々、運転な有岡くん可愛い。あの、腕?につけるやつをお互い見合わせながら頭に付ける伊野尾くんと高木くん可愛い。一方で、ステージに落ちた分を客席に投げてあげる八乙女くん優しい。かっこいい。そういうことをさらっと出来る八乙女くんは出来る子…!って思ってたら、ウインク八乙女くんが登場するから、はあああああってなる。かっこいい………サビソロで、王子様な有岡くんもかっこいい……好き。
ピンボールみたいな伊野尾~ポップでハッピーな知念~は言わずもがなよね。ふたりともちょっと得体の知れない振りで踊る所も好き。
この後かな?投げちゅー連打の中島くんが本当に好き!安定のファンサだし、可愛過ぎ!あのわんこ感堪んない。もはや尻尾見える気がする。
いつもは有岡くんが歌う「もう離さない」を歌う伊野尾くん大好き。口角が謎に下がってる所も可愛い。からの山田王子様×伊野尾姫ね。ああああもう!!麗し過ぎ!!!山田くん美しい!!伊野尾くん美しい!!もう!何これ。何見せられてんの。好き過ぎる!!!伊野尾くんがカートから降りる瞬間の後ろ髪がふわってなる所が特に好き!!
可愛いが詰まりすぎ………って思ってたら、最後の岡本くんの手眼鏡で、可愛いに疲れたわたしに、また可愛いが襲ってくるの………好き……………



③総合 : JUMPing CAR

これぞJUMPくん!って感じ!!
9人で1台の車の演出考えた人、有能過ぎ。
準備できた~?でちょっとずつ明るくなって、皆の姿が見えてきて…の所のわくわく感は異常………
ステージ後ろカメラにアピールしてくれる八乙女くんが格好良過ぎる。好き。
知念くんのソロ最後で後ろ下がる瞬間に、足上げて、腕ぴってする所で、いっつも知念くんが女の子にしか見えなくなる。(笑)
有岡くん→八乙女くんソロの流れのあの足をがしって広げて膝曲げてるの大好き。明るい系オスモードなのね。分かります、はい。好き。ってなる。
サビで進み出した所のきたー!!!感。ああああ。これぞJUMPくん…………好き。ってなる。表現出来ないけど、あの、何とも言えない、絶対的JUMPくん感。
2番の有岡くんのあちちっちは、元々ずっと好きで、八乙女くんもなんだけど、アレンジ入ってて、これも好きいい!!ってなった。
皆のわぁぁぁぁが可愛いし、山田くんと伊野尾くんが目合わせる所は、もう、安定の大好き。
実は、山田くんが伊野尾くん見る前に、伊野尾くんがじっと山田くん見てて。そういう所好き。
曲終わって暗くなった時に、終わっちゃった………って感じがして、特に悲しくなる曲。
とにかく言いたいのは、この曲の圧倒的JUMPくん感が大好き。




3曲の感想書きたいだけだったのに、思ったより長くなってしまった………
JUMPing CARnivalを見て最終思ったことは、伊野尾くんは、やっぱり、かわいいよりも、かっこいいよりも、”美しい”がよく似合うということ。
JUMPくんの皆の笑ってる所が見れるなら、もう何でもいいし、平和だし、この笑ってる顔をこれからもずっと見ていたい、ということ。