読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きが溢れる。

じゃんぷくんと、乃木坂ちゃん。

昔から好きな人。

明日も朝から学校だから、早く寝なきゃいけないんだけど、どうしても今書きたいので、書きます。


さっき、Hey! Say! JUMP(伊野尾くん)の古株ファンの方のブログを拝見しました。
古株ファンの方々には頭が上がりません。
寧ろ、今更好きだと言い出して、いいとこ取り感があって、本当に申し訳ない限りです。
今の伊野尾くんの状況を手放しに喜べない方が勿論いて、私みたいな超超超ど素人のくせに好きだなんて言い出すことに良く思わない方がいて。
勿論、それはもう仕方がないこと、というから当然だと思います。

わたしは、伊野尾くんと出会って、好きになって、まだ数ヶ月しか経っていません。
馬鹿みたいに昔のインタビュー記事や動画を漁ってはいますが、まあ、分かりません。
伊野尾くんのことが分かりません。
寧ろ、分かるなんて恐れ多いんですけど。
伊野尾くんの性格、伊野尾くんの考えや価値観、伊野尾くんが今までどれだけ苦労してきたのか、しんどい思いをしてきたのか、それでもめげずに腐らずに頑張ってきたのか。
今の私には、ほんの上辺しか、いや、上辺も分かっちゃいないと思います。
でも、それでも、伊野尾くんの言葉に惹かれるものがあって、ふっと心が動かされる瞬間がいくつもあって。
分からないなりに、伊野尾くんの何かに惹かれているのだと思います。

古株ファンの方々の足元にも及びませんが、少しでも伊野尾くんのことが知りたい。
伊野尾くんとファンの方々のことが知りたい。

今、強くそう思っています。
だから、もう一度、インタビュー記事を読み返そうかと。
1万字インタビューも、、、もっともっと一言一句丁寧に、伊野尾くんの気持ちを少しでも感じ取れるように、読みたいと思いました。





もっともっと伊野尾くんのことが、好きになりたい。








わたしは、古株ファンの方のブログを読んで、自分のことを振り返ってみました。
多分、わたしが1番長く好きなのは、つるの剛士さん、佐藤健くん、かな。
おふたりとも、同時期に好きになって、つるのさんがヘキサゴン出たての頃からなので、調べてみると2007年でした。
なので、もう9年目ですね。思ってた以上に長い。

今は、つるのさんのアルバムを買ってはいないんですが、出演番組を追いかけたり、公式ラインで近況を知ったりと、ゆるりとファンを続けています。
元々、お馬鹿が面白くて好きになったつるのさん。
今は、子煩悩なパパの姿、歌手の姿、趣味に没頭する一人の男の人の姿、色んな引き出しを持っていて、好きなことにはとことん追求する、そんな姿勢が素敵で、好きです。
何年前だろう?ライブで、小さなホールだったんですけど、2列目で有り得ない位つるのさんが近くて、つるのさんの「永遠」を聞いて号泣したことを今でも鮮明に覚えています。
つるのさんの歌は、人を惹きつける力があって、でも、それはテレビと生では次元が違った。
生で聴くそれは、もう、感情が溢れるしかなかった。
切ない曲は涙が溢れたし、楽しい曲はとことんわくわくして、笑顔になるしかなかった。
あのライブは、一生忘れることはないと思う。
やっぱり、つるのさんのこと、大好きだな、と再確認出来ました。

次に、佐藤健くん。
電王を勧められて見たことがきっかけで好きになりました。
今でも出演番組、ドラマ、映画は追いかけて見ています。
好きになった当初は、とにかく顔が好きでした。
写真集も、全部持っています(笑)
なので、さっき、久しぶりに写真集を見たら、驚きました。
それは、もう、どことなく。どことなくですが、伊野尾くんと同じ系統の顔だということです。
輪郭やパーツ、似ている訳じゃないのに、何となく似ている。
わたしは、こういう顔が根本好きなんだな、と思いました。
綺麗な顔。何をとっても非の打ち所がない。
ただ、今は、俳優としての佐藤健に惹かれる部分を大きくて。
役によって全く変わる雰囲気に感心させられるばかりです。
今や演技派としても売れている健くん。
健くんは、もっともっといろんな役に挑戦して、振り幅を見せて欲しいな。


こう考えると、今のわたしの伊野尾くんへの気持ちみたいに、もはやきゃーきゃー言わなくなりましたが、やっぱり昔から好きなひとは、尊い。
大切に思う部分が大きいな、と思いました。
わたしは、これからもずっとつるのさん、健くんを好きでいたいし、伊野尾くんのことももっと知ってもっと好きになりたいです。



ありがとうございました。