読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きが溢れる。

じゃんぷくんと、乃木坂ちゃん。

かーらーの。

映画終わってから、1人でお昼ご飯食べてて。
和食食べてたのね。
ごはんの種類を選べるところだったの。
ふと、
伊野尾くんだったら、ごはん全種類頼むのかな
とか
伊野尾くんだったら、美味しいねって笑いながら一緒に食べるのかな
とか思うと、伊野尾くんが愛おしくなった。
重症だな、と自分でももう笑えないくらい。
ちょっともう気持ち悪いもんね。

でも、伊野尾くんが、美味しいねって共有したいから、一緒に食べるってエピソード凄く好き
食べることが大好きで、食の勉強をしてる身からすると、本当に、伊野尾くんは優しいあったかい人だと思うし、素敵な家庭で愛されて大切に育ってきたことが本当に分かる。

ほっこり。


からの。
昨日の雑誌立ち読みの続きしてきましたよ。


いやー、良かった。楽しかった。



カラフト伯父さんの記事を見る度に悲しくなる。
もっともっと早く伊野尾くんに出会っていれば。
見たかった。
伊野尾くんのことを好きだと思う、一応ファンの端くれとしては、絶対に見ておくべき舞台だった。
写真だけで、様子の違う雰囲気の違う伊野尾くんに圧倒されるし、コメント読む度に、伊野尾くんにとっても、伊野尾くんのファンにとっても物凄く大きな影響を与える作品だったことは明らか。
再演、、、dvd化してくれませんか。切実。




雑誌のカウコンレポート読む度に、カウコン行きたかったし、高木くんが好きになるわー
可愛くて仕方がない。
アンコールの、肩出しデコだしめがねな高木くんなんて、もう、どこぞのキャバ嬢か、どこぞのクラブのママかって感じよね。(褒めてる)





タワレコ行ったのよ。前とは違うところの。
アイドルコーナーの中でも、Hey! Say! JUMPが物凄く特集組んでもらってて、JUMPing CARnivalのうちわと共に、ひとりひとりの紹介もあって、cdとdvdも表に出てて、テンション上がったのね。
そしたら、その隣で、同じく乃木坂ちゃんが物凄く特集組んでもらってて!!
全シングルの解説と、ななせまる堀ちゃんの紹介があって、棚一つ分全部乃木坂ちゃんのcdとdvdだったのよ。
そのね、あのね、Hey! Say! JUMPと乃木坂ちゃんが並んでて!!!
私得でしかなくて!!どっちも紹介文全部熟読してて!!!
そしたらね、気付いたらそこに1時間滞在してて。自分どうしたって思った。

どんどんオタク街道を走ってる自分に恐怖を覚えているよ。



明日から、Hey! Say! JUMP過ぎる1週間だよ!
明日、八乙女くん!楽しみ!