読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きが溢れる。

じゃんぷくんと、乃木坂ちゃん。

あれ。

わたしのiPod、天才かな。って思った。今日。



Hey! Say! JUMPでシャッフルで音楽聞いてたんだけど、
私得過ぎる流れで、報告させて頂きたい。


Shall We?

わたしの中では、
岡本くんの岡本くんによる岡本くんのための曲。
岡本くんで始まり岡本くんで終わる曲。
岡本くんにときめくためにある曲。
元々好きな岡本くんの歌声を惜しみなく楽しめる。
高くても低くても、格好良すぎる。

しかし、と見せかけて、
間の「沸き立つ衝動に任せて騒ごう」の
「騒ごう」の八乙女くんに魅せられてしまう。
ぐぐぐ。
からの。


はじまりのメロディ

曲自体好き。優しい曲好き。
「きみがすき」の破壊力たるや。
平仮名表記なところもいい。
しかし、なんといっても、
「同じことがわかるから」を
めちゃめちゃ優しくあったかく歌う有岡くん
優しい中にも力強く歌う八乙女くん
たまらない。ときめき。


我 I need you

伊野尾くん山田くんに唇奪われるしかない。
(寧ろ奪って欲しい)
知念くんに本気出してもらうしかない。
これが全て過ぎる。


Come Back...?

言わずもがなの八乙女祭。
「脳ある君は爪を隠すCat」
「脳ある僕は爪痕を残すCat」
おしゃれ。格好いい。
こんな歌詞、どうやったら思い浮かぶの。


Ready Go

1週間そわそわしてばかりの有岡くんと
プランを用意した伊野尾くんには
ときめかざるを得ないし、
Yesな高木くんは、愛でるべし。


コンパスローズ

八乙女祭、再来。
「今君も同じことを考えているのかな「帰りたくない」と」
歌詞たまらない。
尚且、爆モテオス有岡大貴過ぎるよ。
知ってる。
格好良いだろ?って有岡くんが思ってる事位。
どうせ、掌の上で転がされている事位。
悔しい。腹立つ。
でも、まんまと嵌らざるを得ない。
ときめかざるを得ない。

この曲は、s3artのdvd思い出して、
八乙女くんベース姿にもときめかざるを得ないし、
もちろん伊野尾くんのキーボードは麗し過ぎる。

果てしなく神曲です。




こんな感じできた。
ううう。上手く表現出来ないことが悔しい。

半分がs3artなのは、
わたしがs3art厨なので、仕方がないことなのです。




ふふふ。Hey! Say! JUMPの曲素敵すぎるよよよよ。